かず
コロナだから演出や余興も頼みにくいし、自分たちでなにか出来ないのかな?

この話が気になった方に、コロナ渦の中でも最高に盛り上がったおすすめの演出の紹介です!

この記事を読むと、次のことが得られます。

  • コロナ渦でも安心安全に楽しい披露宴の演出ができる
  • 結婚式に参加できなかったゲストでもリアルタイムに楽しめる
  • 結婚式の出費を抑えられるので費用対効果が高い

こんにちは、ビデオグラファーのかず(@Legendary_Kazu)です。

2020年の春頃から、新型コロナウィルス感染症の影響により、結婚式の延期やキャンセルを余儀なくされた新郎新婦を、この一年で多く見てきました。

また、これから結婚式を決行される新郎新婦も、参加されるゲストのことを考えると、少しでも感染を拡大させるようなリスクの高い演出は避けたいはずですよね。

今回は、この一年の中で私なりの経験を活かしながら、少人数であっても新郎新婦とゲストに一番楽しんでもらえる演出をご紹介します。

結婚式、披露宴に限らず二次会や企業イベントにも使えますので、お二人のお役に立てたら幸いです。

あわせて読みたい記事

「当ブログが書籍化されました!」

結婚式のプロフィールムービー パーフェクトガイドです。

素材の準備から完成までどうしたらいいのか、どんなムービーなら失敗しないのか、これから出てくるであろう悩みを事前に解決するための、ハンドブックです。

スマホでいつでも『無料』で見ることができます。通勤の間や休憩中にご活用ください✨

かず
この本を読んで一緒にステキなプロフィールムービーを手作りしましょう!

かんたんプロフィール

Twitter @Legendary_Kazu

気になるコロナ渦での結婚式


コロナ渦のこの一年間の中で、結婚式・披露宴の現状を3点ほど紹介します。

1. 少人数や二部制のパーティーへ

大勢のゲストが密集することがないように、披露宴のゲストは少人数になる傾向となっています。

また、お呼びするゲストを披露宴会場にあわせた人数に制限しなくてはなりません。

そして、披露宴はオンライン化が進みリモート結婚式が一時的に騒がれましたが、広がらなかったのが現状です。

リモートなので参加が簡単かと思いきや、ゲストの時間の拘束、インターネット回線の問題などの不安要素や、ご祝儀、服装などの負担も考えなくてはなりません。

そこで最近は、親族だけでの会食の後、友人を招いた1.5次会を行うなど二部制の分散型パーティーが広がっています。

これなら、高齢の祖父母やご遠方の親戚にも安全を守れますし、リスクを分散させた安心のパーティが出来ますね。

ですので、少人数にはなりましたがパーティーは行われており、一時的な延期があっても結婚式自体が減っていることではありません。

2. フォトウエディングとお食事会

コロナ渦の中でも、結婚式がしたい新郎新婦の候補に上がるのがフォトウエディングです。

二人だけの記念写真をのこされるもいいのですが、その姿はご両親も見たいはずですよね。

フォトウエディングならスタッフも含め少人数なので、自主的に密を避けて感染リスクを減らせます。

また、親族が参加されての記念撮影や、挙式やお食事会を一緒に行えるプランがあるのも魅力的です。

親族だけでもチャペルやフォトブースなどで、写真撮影の機会は多く会話を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごせます。

大勢のゲストを招待してパーティを計画していたが、今という大事な時間は待ってくれないので、写真という形で思い出が残せるフォトウエディングに変更したなんて声もよく聞きます。

ですので、コロナの中でも思い出を記録できる写真撮影は人気です。

3. なれてしまった感染対策の余波

披露宴会場内の出入口には消毒液を設置し、ゲストへの検温やマスク・フェイスシールドの確認をしています。

また、式場スタッフはマスク&ゴーグルの着用や一週間前からの体調チェックも行っています。

披露宴中には時間を決めて、こまめに式場内を拭き取り消毒するなどの対策もなどをして、新郎新婦やゲストが安全に参加できる環境づくりを徹底しているので、安心できますね。

またこの状況は、コロナの中で見慣れてきた光景なので、パーティー自体の物々しさは薄れてきています。

ただ、披露宴中のゲストはというと、席の隣同士での会話はしていますが、コロナ以前のような声援や拍手などの盛り上がりや、グループでのにぎやかな会話がないので、とても大人しいパーティーになってしまいました。

そして、このコロナの状況にともない余興も歌の自粛や、ダンス・フラッシュモブなどの密集行動の禁止の状況から、披露宴を盛り上げるためには新郎新婦自らの準備が重要かもしてません。

結婚式を盛り上げるために


コロナ渦の結婚式が見えてきたところで、ゲストが少なくなり大人しくなってしまった結婚式を、盛り上げるためにはどうしたらいいか考えます。

  • 参加できないゲストは?
    誰でも参加できるようにする
  • みんなが楽しむためには?
    写真撮影に特化したイベント
  • 自粛しているゲスト動かすには?
    新郎新婦が率先して行動する

これをまとめると、

誰でも参加できる写真撮影に特化し、ゲストが楽しめる演出を二人で行う

という答えが、問題点から見えてきました。

 

実はこの答えを叶えるたった1つの演出があります。

それは…

『ゲスト参加型写真演出』です!

かず
今の現状をなんとかしたく、新郎新婦に提案をして大成功したこの演出を紹介します。

ゲスト参加型写真演出が答え

ゲスト参加型写真演出

結婚式のゲストがスマホなどで撮影された写真を、専用のWEBページに投稿するだけで、披露宴会場のスクリーンやテレビに表示できるゲスト全員参加型の写真演出サービスです。
やり方は簡単3ステップ!
  1. 投稿サイトにアクセス
    QRコードを読み取り専用サイトにアクセス
  2. みんなでスナップ
    写真を撮影するかスマホのライブラリから選択
  3. スワイプして投稿
    写真をスワイプして飛ばすとリアルタイムに投稿

写真の投稿からスクーリーンへは、リアルタイムに一瞬で表示することができるので、数秒前の出来事をあっという間にスクリーンに大きく映すことができます。

また、投稿する写真は名前を入れ、新郎新婦へのお祝いメッセージなんかも送ることができるので、ゲスト全員で1つのキャンバスを作り上げるイメージです。

投稿した後は、沢山の写真がスクリーンを流れていて、眺めるだけでもとっても楽しいですし、投稿された写真はすべてゲストのスマホからも見る事ができ保存もできます。

そして、投稿された写真には「いいね!」機能があるので、SNSのように投稿する写真もついつい力を入れたくなりますね。

投稿した瞬間の驚きや、写真をみたゲストの反応も必ずあるので盛り上がりますし、投稿した後も定期的に写真が流れてくるので、何回でも笑顔があふれてきます。

この演出自体は数年前からありますが、老若男女スマホで写真を撮影して、その場でシェアをする文化が定着してきた今なら絶対にウケるはずです。

ゲスト参加型写真演出のメリット

この演出には、メリットがいっぱいあるので紹介していきます。

ゲストの楽しい写真がいっぱい集まる

結婚式当日の新郎新婦って、朝から晩まで1日中大忙しです。

職場の上司と話したり、初めて話すゲストもいらっしゃるので緊張していたり、披露宴が始まったと思ったら中座で席を外すなど、中々ゲスト一人一人に気を配ることができません。

そんな時に、この写真演出サービスをしておけば、新郎新婦が見ることのできないゲストの様子や、ゲスト同士の楽しい姿などをいっぱい残しておけます。

プロカメラマン&ゲストの写真

結婚式の写真は、プロカメラマンにお願いされる方も多いと思いますが、カメラマンは一人だけなので新郎新婦を中心とした写真を多く残せますよね。

ただ、ゲストの写真はというとどうしても少なくなってしまい、後で写真を見返すと寂しく感じるかもしれません。

そんな時には、先ほどと同じですがゲストが様々な角度から写真を撮影し、それを投稿することによりカメラマンには撮れない角度や距離、そして気の許す相手だからこそ撮れる最高の笑顔もたくさんお二人の手元に残ります。

ゲストが全員参加できる


ゲスト全員が披露宴中でもほぼ持ち歩いているのは、ハンカチとスマホですよね。

結婚式で、全員が一緒に何かをするためには、共通のものを事前に用意しなきゃいけないので手間がかかりますが、スマートフォンを使って簡単に参加できれば楽ですよね。

ご年配から子供までゲスト一人一人が楽しみながら、新郎新婦と共に一緒に作り上げることができる演出です。

そして、事情により結婚式に参加できなかったゲストでも、写真の投稿先を教えておけば、間接的に結婚式に関わることができるので、お祝いのメッセージボードの写真や、メッセージ動画などを送ってもらえれば、参加中のゲストや新郎新婦も披露宴中に楽しむことができます。

ゲスト参加型写真演出の使い方

メリットを感じていただけたなら、次はそのメリットを何倍にも大きくする使い方を解説します。

ゲストは、この日のために沢山の準備をして結婚式に来てくれます。

なのでその気持に応えるために、ベスト〇〇賞を開催して入賞者にお気持ちのプレゼントするのもステキですね。

ベスト〇〇賞の〇〇は、お二人の結婚式のコンセプトにあわせて考えてみましょう。

ここではその一例を紹介します。

ベストドレッサー賞


ベストドレッサー賞は、一番服装がおしゃれなゲストだったり、似合っているゲストを表彰します。

ゲストには事前にドレスコードを指定しておいて、結婚式のコンセプトにあわせた何かを身に着けてもらったり、例えば「夏・海・バカンス」がコンセプトであれば、ゲスト全員アロハなんてことも面白いですよね。
必ずしもスーツやドレスにこだわらない、ラフな結婚式をイベントと一緒に演出できます。

ベストフォト賞


ベストデザイン賞は、招待状の返信ハガキのデザインを表彰します。最近ではよく招待状の返信ハガキを、ペンでデザインを追加したり、シールなどでデコって送るのが流行っています。もし、お二人のゲストの中に数人程度ステキな返信ハガキがあれば、そのお返しをするのもとても喜ばれます。

ベストカップル賞


ベストカップル賞は、ゲストの中でお似合いのカップルを表彰します。これは、ドレッサー賞と似てお似合いのカップルの写真を表彰するだけでも楽しいのですが。まだ結婚式を挙げていないカップルに対して、新郎新婦からエールの気持ちを伝えることもできます。
また、カップルはご両親でもいいので、日頃の感謝に加えて一番身近にいる先輩カップルとして表彰するのも暖かいですよね。

以上が簡単ですが、ベスト〇〇賞の紹介になります。

このベスト〇〇賞を、なぜおすすめするのかというと、ゲスト参加型の写真演出なので、ゲストが動かない事には成立しないことが理由にあります。

写真を投稿する場所を作っても、こちらから行動をうながしていかないと、写真が好きなゲストだけの参加や、一枚送って満足してしまうゲストが生まれてしまうので、ベスト〇〇賞を使ってゲストの交流の機会や、写真を沢山送ってもらうイベントを作ると、笑顔あふれるにぎやかな披露宴を演出できます。

ゲストで作る思い出アルバム


親族中心でベスト〇〇賞がやりにくい場合もあると思います。そんな場合におすすめしたいのが、ゲストと一緒に作る思い出アルバムです。

これは、親族中心の結婚式ならではのイベントで、上映する写真を小さい頃の新郎新婦を中心に投稿していき、世界でたった一つの思い出アルバムを作ることができます。

小さい頃に親戚と撮った写真は、各家庭のアルバムに保管されているかもしれませんよね。

その写真は撮影していたことすら覚えていないかもしれませんが、貴重な思い出です。

交流が少なくなってしまった親戚や親族に、その写真の投稿をしてもらえば懐かしい記憶が蘇るかもしれません。

演出を楽しんでもらうために事前にアルバムを確認してもらい、とっておきの写真があれば数枚程度写メっておいてもらいましょう。

ゲスト全員で小さい頃の懐かしい思い出を共有することで、暖かい結婚式が演出できますよね。

ゲスト参加型写真サービス運営会社

ここからは、ゲスト参加型写真サービス運営会社をおすすめ順に紹介します。

Livecanvas

みんなが撮った写真をその場でリアルタイムにシェアできる参加型スマホサービス

Livecanvasは結婚式の披露宴や2次会、同窓会や懇親会など各種パーティにて写真や動画、いいねやメッセージなど様々なコンテンツをその場でスクリーンにリアルタイムにシェアできる参加型スマホサービスです。

Livecanvasは、スクリーンに表示されているQRコードをスマートフォンのカメラから読み取るだけで、専用サイトにアクセスできます。写真のほかにも動画も上映できるので、結婚式に参加できなかったゲストからのビデオレターも送ることが出来ます。
値段も33,000円(税込)と非常にリーズナブルなので、パソコン・タブレット端末やポケットWi-Fiの準備が自前で用意できるのなら、格安で参加型写真演出が実現できます。
他社のような追加料金のエンドロール機能などはありませんが、写真や動画の投稿、〇〇賞に使いたい写真の強調表示など、必要な機能はすべてこの値段で使えるのでおすすめです。

相談または申し込み時『結婚式ムービーのトリセツ』を見ましたとお伝え下さい。

Marry.Gift

結婚式演出・余興の新定番
Marry.Giftは『結婚式を盛り上げたい!ゲストと一緒に楽しみたい!でも予算は抑えたい!』そんなコンセプトから生まれた全員参加型演出です。お手持ちのスマートフォンで撮影した写真をその場で投稿し、ゲストとスクリーンシェアできちゃうイマドキ演出!
MarryGiftの特徴はコストパフォーマンスの高さにあります。一番安いプランで38,500円(税込)でサービスを利用できます。しかも画像を投稿するだけではなく、投稿された写真とメッセージでエンドロールを作成するオプションや、パーティーをより盛り上げるためのフォトコンテスト機能のオプションもあります。パソコンやポケットWi-Fiなどをレンタルしても6万円程度でできるので、自分たちの環境に合わせて選ぶことが出来ます。

PHOTO SHOWER

スマホで会場ゲストが1つになる写真投稿ツール
ただ参加するだけのウェディングから積極的に参加するウェディングへ。披露宴・イベントがこんなに楽しくなります!フォトシャワーのフィナーレは、​集まった​投稿写真でハートモザイク&ハートのモチーフ表示し​、新郎新婦様から列席者の皆様へ「感謝の​締めくくり演​出​」​が可能です。
PHOTO SHOWERはフィナーレ演出が特徴的で、投稿された写真を使ったハート型のモザイク画を上映することができます。スマホの画面はデザイン性のあるテンプレートが選べるので、自由度が高い印象です。こちらのサービスと提携している結婚式場であれば、約6万円〜9万円程度で利用ができます。

Photo Shushu

結婚式が盛上がる演出をお探しですか?
いつもの披露宴をガラっと変える新しい演出、それがフォトシュシュです。
スマートフォンで撮影した写真を「シュッ」と飛ばすとリアルタイムにスクリーンに飛んでいきます。ゲスト参加型だから盛り上がる!披露宴会場が「驚き」と「笑顔」で溢れます。フォトシュシュで「今日は楽しかった!」と言われる披露宴を!
Photo Shushuは、参加型写真演出では一番実績があり、日本テレビの「シューイチ」やフジテレビの「めざましテレビ」といったテレビ番組や、ゼクシィ、週刊アスキーと言った雑誌まで、たくさんのメディアで紹介されている、元祖・結婚式写真利用サービスです。料金は12万円程度と他社より高いですが、ゲストに配るQRコードのカードやパソコン・ポケットWi-Fiなどコミコミで安心です。このサービスの元祖なので、サポートの充実や演出システムの安定感が売りです。

ゲスト参加型写真サービスを運営されている4社を紹介させて頂きました。

4社におすすめの順位を付けましましたが、ご覧のとおり金額が安い順になっているだけですので、順位が低いからといって悪いわけではなく、むしろ機材のレンタルやサービスの質など価格に見合う内容になっています。

演出にかけられる予算と相談しながら選ぶといいですね。

参加型写真演出の唯一のデメリット

ここで参加型写真演出のデメリットととして、結婚式場や運営会社によっては、高額な演出になるかも知れないことがおわかりだと思います。

例えば12万円の使用料の場合

演出料(12万円)+持ち込み料またはサービス料(2万円)+プロジェクター使用料(3万円)=17万円!?

なんてこともありえます。

かず
運営会社を安く抑えて機材を自前で用意するのが賢い選択かも知れませんね。

機材の準備や節約方法

結婚式場や自分たちで準備する内容をまとめてみましたので、担当プランナーさんと事前の相談の上どれを準備をするのか確認しておきましょう。

式場や自分達で準備する機材
  • プロジェクターまたテレビモニター
  • パソコンまたはタブレット端末
  • インターネット環境(Wi-Fi)
  • プロジェクターの場合はスクリーン
  • プロジェクター接続ケーブル(HDMIなど)
運営会社で準備してくれるもの
  • スマートフォン専用URL(ゲスト投稿用)
  • 投稿画面専用URL(会場上映用)
  • 管理画面専用URL(新郎新婦専用)
  • QRコード・URLカード(ゲスト投稿用)

先程のランキングで1位のLivecanvasでは、パソコンまたはタブレットを自前で用意する必要があります。

QRコードは会場上映中のスクリーンに表示されているので、ゲストにカードを配る手間がありません。

もちろん、QRコードやURLは事前にもらえるので結婚式にこれなかったゲストにも参加してもらえます。

インターネット環境は、ポケットWi-Fiなどが1日単位で安くレンタルできるので、賢く利用するのがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむ

最後に会場のプロジェクターと機材が接続可能なのか、担当プランナーさんに確認が必要となります。

なので、機材の準備さえできれば一番リーズナブルなLivecanvasさんを、今回イチオシにしました。

機材の用意が難しい場合は、高額にはなりますがパソコンやポケットWi-Fiのレンタルができる運営会社さんを選んだほうがとても楽です。

まとめ

以上、『コロナでも大人気の結婚式演出!少人数でも最高に盛上がる工夫とは?』でした。

コロナの中で日々変化をしている結婚式は、いつかマスクのない状態に戻れるかも知れません。

それまでの間、新郎新婦やゲストに楽しんでもらえる演出はなにかないかと、一生懸命考えた答えが今回の記事になります。

新郎新婦が楽しんでいる姿が、ゲストへの一番の薬になりますので、二人で一緒にステキな結婚式を迎えましょう!

かず
この内容がよかったらSNSで共有していただけると、私が泣いて喜びます😂
結婚式ムービーのトリセツが書籍化!

結婚式の演出の大定番は、やっぱりプロフィールムービーですよね。 できれば「手作りムービーにチャレンジしたい」と思っているお二人も多いのでは? でも「はじめてだから、ちゃんとムービーが作れるか心配」という声も多く聞きます。 そこで「結婚式ムービーのトリセツ」として、ゲストの目や耳を惹きつけ、想いを伝えられるプロフィールムービーの作り方を、いっぱい書きました。 結婚式ムービーを自作しようと少しでも思ったら、最初の入門書としてぜひ読んでいただければ幸いです。

最新情報をTwitterでチェック!