かず
Keynoteさえあれば、おしゃれなプロフィールムービーの自作って、実は簡単にできるんですよ😄

この話が気になった方に、Keynoteを使ったプロフィールムービーの自作方法を、わかりやすく紹介します。

この記事は、はじめて動画編集をする新郎新婦を対象にした内容です。

この記事を読むと、次のことが得られます。

  • 簡単かつ最短でプロフィールムービーが手作りできる
  • 安くてもおしゃれなプロフィールムービーが手作りできる
  • 二人で一緒に仲良くプロフィールムービーが手作りできる

こんにちは、ビデオグラファーのかず(@Legendary_Kazu)です。

結婚式のプロフィールムービーの自作って、動画編集の知識も必要だし、お金が意外とかかるって思われがちですが、手元にある機材だけでも簡単かつおしゃれで、しかも節約しながら手作りできるんです。

Keynoteは「わかりやすさ」と「つかいやすさ」がポイントです。

この2つのポイントを意識しながら、Keynoteというアプリで、プロフィールムービーの作り方を解説していきます。

あわせて読みたい記事

「当ブログが書籍化されました!」

結婚式のプロフィールムービー パーフェクトガイドです。

素材の準備から完成までどうしたらいいのか、どんなムービーなら失敗しないのか、これから出てくるであろう悩みを事前に解決するための、ハンドブックです。

スマホでいつでも『無料』で見ることができます。通勤の間や休憩中にご活用ください✨

かず
この本を読んで一緒にステキなプロフィールムービーを手作りしましょう!

かんたんプロフィール

Twitter @Legendary_Kazu

Keynoteでできること

まずは、はじめてKeynoteを知る方のために、アプリの紹介をします。

Keynoteの紹介

Keynote

洗練されたプレゼンテーションの作成

Keynoteは、Apple社が開発したプレゼンテーションソフトです。

プレゼンテーションというのは、聞き手に情報を伝えるための技法のことを言います。

たとえば、新製品の発表会や会議などで不特定多数の相手に対し、写真や文字をディスプレイなどを使って説明している姿もプレゼンテーションです。

Keynoteは、そのプレゼンテーションをサポートするソフトになります。

プレゼンテーションソフトで他にも有名なのが、Microsoft社のPowerPointや、Google社のGoogleスライドがあります。

Keynoteでなにするの?

Keynoteですることは、スケッチブックの画用紙に、思い出の写真やメッセージなどを貼り付けデコレーションする様子をイメージしてください。

そして、その画用紙を沢山作り、そのスケッチブックをめくっていくと、紙芝居のようなショートーストーリーが出来上がります。

Keynoteでは、先ほどの画用紙をスライド、ページをめくる機能をスライドショーといいます。

スライドショーは、自分で一枚ずつ進めていくこともできますし、全て自動で再生することもできます。

Keynoteでできることは?

出来上がったスライドに、アニメーションを付けることにより、印象に残りやすいスライドショーを簡単に作ることができます。

また、動画や手書きの文字を入れることもできるので、アイディア次第で今まで見たことのない楽しいムービーを作ることができます。

このスライドショーを、ムービーにすることができれば、それはもうお二人手作りのプロフィールムービーになりますね。

さらに、Keynoteの写真や文字を簡単にレイアウトできる特徴を生かして、紙の席次表や受付に飾るフォトアルバムもなども自作できるので、結婚式の様々な場面で使えます。

Keynoteはなぜおすすめ?

結婚式のプロフィールムービーを自作するなら、まずは有料の動画編集ソフトを探されると思います。

そして、ソフトの種類も多く迷われると思いますし、購入した後も使い方を覚えるのも一苦労です。

それなら、どうせ覚えるなら、会議などのビジネスから、結婚式などのプライベートまで幅広く使える、Keynoteをおすすめします。

プロフィールムービーを作るのには、動画編集ソフトが必ずしも必要ないことを知っていただき、次にKeynoteのメリット・デメリットを紹介します。

Keynoteのメリット・デメリット

Keynoteでプロフィールムービーを自作するうえでの、メリット・デメリットを簡単に紹介します。
メリット
  • Apple社製品の標準アプリなので、最初から無料で使える
  • Apple社製品のプレゼンでも使われ、美しく安定している
  • 操作がとてもシンプルで、初めてでも使いやすい
  • iPadやMac版があるので、自由に使い方を選べる
  • データ共有で、スマホを持ち寄りながら複数人で一緒に作れる
  • 出来上がったスライドをムービーに書き出せる
デメリット
  • Android携帯や、Windowsパソコンでは使えない
  • 撮影したムービーなどの動画編集ができない
  • DVDに直接することができない

かず
メリットが沢山ありますね😁なんといっても動画編集ソフトを選ぶ手間がないのがうれしいです👍

テンプレートを使うのがおすすめ

Keynoteはテンプレートを使いながら自作するのが、おすすめです。

- おすすめする理由 -

  1. iPhone(iPad・MacもOK)だけで自作できますその時しか使わないような余計な出費がありませんので、結婚式の費用を少しでも安くできます。
  2. テンプレートは、写真とメッセージ入れ替えるだけで、簡単にプロが作ったような完成度の高い、おしゃれなプロフィールムービーが自作できます。
  3. 1から自作するのは、正直不安ですよね。それならテンプレートを使えば、プローフィールムービーを作るためのひな形が完成しているので、難しい動画編集の経験が無くても安心です。
  4. 写真の枚数やムービーの時間は、好きなだけ増やせるので自由にプロフィールムービーが作れます。もちろん音楽も好きに入れることができます。
  5. 披露宴まで時間がなくても、写真やメッセージがそろっていれば、一日でプロフィールムービーを完成することができます。DVDはスマホから直接は作れませんが、便利なサービスも合わせて紹介します。

アニメーション・秒数・素材の配置・大きさなど、難しいところは全て設定済みなので、ストレスなくプローフィールムービーが自作できますね。

かず
テンプレートや素材は、5月よりnoteに順次追加しますので、遊びに来てください✨
テンプレートを使った、プロフィールムービーの完成までの手順や、Keynoteの使い方は、この後の解説を合わせてご覧いただければ幸いです。

完成までの手順

プロフィールムービー完成までの手順を紹介します。

手順が少なくてすむように全て設定済みなので、写真の枚数分スライドを増やして、写真とメッセージを入れるだけで完成します。

  1. テンプレートをダウンロード
  2. スライドを写真の枚数分コピー
  3. 写真を挿入しメッセージを入力
  4. スライドの時間を設定
  5. ムービーに変換
  6. 完成です!

音楽は、ムービー完成後にiMovieで別途付けることができます。

披露宴会場での上映は、登録の手間や著作権料のこともあるので、節約するならプロフィールムービーには音を付けず、DVDとCDの同時再生がおすすめです。

写真のスキャンや、ムービーをDVDにする方法は、noteのテンプレートのQ&Aを御覧ください。

 

keynoteの使い方

ここからは、Keynoteの使い方やテンプレートの編集方法をご紹介します。

操作は簡単なので、Keynoteのテンプレートを確認しながら、一緒にやってみましょう。

こちらの解説にないものは、Keynoteの紹介ページiPhone用Keynoteユーザーガイドを、合わせて参考にしてください。

Keynoteの画面説明

・メニュー

  1. ブラウズ画面ボタン
  2. 戻るボタン
  3. スライド再生ボタン
  4. 編集ボタン
  5. 素材追加ボタン
  6. ファイル共有ボタン
  7. 詳細設定ボタン
  8. スライド確認ボタン

 

・スライド

  1. スライドビュー
  2. スライド本体
  3. スライドのアドバイス

スライドのアドバイスは、テンプレート制作者が追加したものです。スライドを再生したりムービーを書き出すときには、映りませんのでご安心ください。

テンプレートについて

・テンプレートをコピーしてバックアップを作る

  1. テンプレートを長押し(ロングタップ)
  2. テンプレートが複製

Keynoteは、自動的に保存されるアプリなので、定期的に複製をしながらバックアップを心がけましょう。

テンプレートの名前も変更できるので、複製の時にわかりやすく変更しておきましょう。

 

・共有して二人で編集する

Keynoteには、二人それぞれのスマートフォンから共有して作業ができます。

テンプレートは[iCloud Drive]に保存されている必要があります。参加者も同様に[iCloud Drive]とKeynoteを使えるように設定しておきましょう。

  1. メニューから(人のシルエット)のマークをタップ
    (メニュー⑥)
  2. 参加依頼の送信方法を選択:から参加者を追加(メッセージやメールで)
  3. 依頼された参加者は、参加URLやメッセージをタップ
  4. お互いのKeynoteが自動で共有を開始

これでお二人が1つのテンプレートを共有しながら、共同編集できます。

スライドについて

・スライドのコピー・削除

スライドの枚数を増やす方法です。

  1. 左側に並ぶスライドビューの中から、コピーしたいスライドをタップ
  2. 選択されている状態でもう一度タップ
  3. スライドの右側に吹き出しメニューが出るので、その中かの[▶]をタップ
  4. [複製]をタップして、選んだスライドを複製

削除も同じようにメニューから選択できます。

 

・スライドの移動

スライドの順番を入れ替えできます。

  1. 移動したいスライドをスライドビューからタップ
  2. 選択されている状態で、スライドを長めに押す(ロングタップ)
  3. 長めに押すとスライドが浮くので、そのまま移動したい場所にドラッグ

 

・スライドの表示時間を設定する

スライド毎に表示する時間を調整できます。

  1. 画面上部のメニューから(…)をタップ
    (メニュー⑦)
  2. 一覧から[アニメーション]をタップ
  3. 時間を変更したいスライドをタップ
  4. 画面下の[トランジションボタン]をタップ
  5. 開始 [自動○○秒]をタップ
  6. 遅れ [○○秒]の数字を変更

テンプレートのスライドは、あらかじめスライドの表示時間を設定してあります。

 

・スライドの表示をを大きくし移動する

スマートフォンの小さい画面でスライドが見えにくい場合、拡大や縮小を使いましょう。

  1. スライドを二本指で広げると拡大(ピンチアウト)
  2. スライドを二本指で狭めると縮小(ピンチイン)
  3. スライドをタップ後すぐ動かすと、スライドの中を移動

スライド内を移動するときに、ロングタップしてしまうと素材の選択に代わってしまうので、素早く動かしましょう。

 

写真や素材について

・写真や素材を追加する

  1. メニューから(+)マークをタップ
    (メニュー⑤)
  2. [写真またはビデオ]をタップ
  3. カメラロールの[写真・アルバム]から素材をタップ
  4. カメラロールではなく、[iPhone内]や[iCloud Drive]に写真を保存している場合は、[挿入元...]をタップして、ブラウズ画面から写真を選択しましょう。

 

・写真を変更する

テンプレートは写真があらかじめ設定されているので、変更するだけで入れ替えられます。

  1. スライド内の[写真(灰色のグラデーション)]をタップ
  2. 右下にある(+)マークをタップ
  3. [写真またはビデオを選択]をタップ
  4. カメラロールの写真やアルバムから写真をタップ

 

・入れ替えた写真をもう一度変更したい場合

  1. 入れ替えたい写真をタップ
  2. メニューの(筆)をタップ
    (メニュー④)
  3. [イメージ]から[置き換える]をタップ
  4. [写真またはビデオを選択]をタップ

テンプレートの写真変更は、削除ではなく置き換えをしてください。

 

・写真や素材を拡大・縮小する

  1. 写真や素材をタップ
  2. 素材を囲むようにが8個表示
  3. をドラッグで拡大・縮小

 

・写真をトリミングする

写真の見えている部分のサイズを変えたり、切り抜きたいときに使います。

  1. 写真をダブルタップ
    もしくは、写真をタップ→メニューから(筆)(メニュー④)をタップ→[イメージ]から[マスクを編集]をタップ
  2. 写真下のスライドバーで、拡大縮小
  3. 写真のドラッグで切り抜き範囲内を移動
  4. をドラッグで切り抜き範囲を決める

 

メッセージについて

・メッセージを入力する

  1. メニューから(+)マークをタップ
    (メニュー⑤)
  2. メニュー左から三番目の(矩形)マークをタップ
  3. [基本]の中の[テキスト]をタップ
  4. スライドに仮テキストが入る

 

・メッセージを変更する

  1. 文字の変更したい部分をダブルタップ
  2. キーボードから入力

ダブルタップした時、自動の範囲選択がわずらわしい場合は、キーボードの[空白]ボタンまたは[space]ボタンをロングタップからドラッグで、カーソルの移動ができます。

 

・字体(フォント)やサイズ・色を変更する

フォントをゴシック体や明朝体に変更したり、サイズや色の調整方法

  1. 文字をタッチ
  2. メニューの(筆)をタップ
    (メニュー④)
  3. [テキスト]をタップ
  4. フォント [○○体]をタップで字体を変更
  5. サイズ [○○pt]をタップで文字のサイズを変更
  6. テキストのカラーからカラーの変更

 

スライドをムービーにする

必要の無いスライドは事前に削除しましょう。

  1. メニューから(…)をタップ
    (メニュー⑦)
  2. [書き出し]をタップ
  3. [ムービー]をタップ
  4. ムービー設定の[解像度(1080P)・フレームレート(30)・スライドすべて]を確認
  5. [書き出し]をタップ
  6. 書き出し完了後、下に進み[ビデオ保存]をタップ

書き出しには数分かかるので、アプリを閉じないようにしましょう。

完成したムービーを確認しよう

書き出したプロフィールムービーは、カメラロールに保存されています。

一度出来上がりを確認してみましょう。

もし修正や変更箇所があれば、手直しをして完成を目指していけば、お二人の手作りプロフィールムービーの完成です!

 

長時間お疲れ様でした😁

 

わからないことや、わかりにくかったことなどがありましたら、(@Legendary_Kazu)にご連絡ください。確認の上、こちらに修正や加筆いたします。

結婚式テンプレート&素材

5月12日より順次掲載中

まとめ

Keynoteで簡単自作!結婚式プロフィールムービーの、全体的な流れを解説いたしました。

プロフィールムービーを自作するのには、高額な動画編集ソフトが必要でしたが、今では使い方次第で誰にでも簡単に作れる時代です。

お二人で一緒に手作りをして、アイディア膨らませていくと、結婚式の準備も楽しいと思います。

 

この記事が、新郎新婦お二人のお役に立てましたら幸いです。

かず
プロフィールムービーの制作、お疲れ様でした😊記事のリンクやシェアをいただけると泣いてよろこびます。それではまた次回も、ご期待ください👍
結婚式ムービーのトリセツが書籍化!

結婚式の演出の大定番は、やっぱりプロフィールムービーですよね。 できれば「手作りムービーにチャレンジしたい」と思っているお二人も多いのでは? でも「はじめてだから、ちゃんとムービーが作れるか心配」という声も多く聞きます。 そこで「結婚式ムービーのトリセツ」として、ゲストの目や耳を惹きつけ、想いを伝えられるプロフィールムービーの作り方を、いっぱい書きました。 結婚式ムービーを自作しようと少しでも思ったら、最初の入門書としてぜひ読んでいただければ幸いです。

最新情報をTwitterでチェック!