スポンサーリンク

【2019】買替えが必要?動画編集に最適なパソコンの選び方とは

結婚式の動画を自作してみようと、こちらのサイトに来ていただいた皆様なら、すでにパソコンをお持ちの方が多いかと思います。

ただそのパソコンで動画編集を試した事があったり、それを何処かで実際に披露した方は少ないのではないでしょうか?

初めての動画編集をしてみると、多くの「困った」を経験される方がいまして...

「プロフィールムービーの完成間近なのに、パソコンの動きがおかしいぞ!あれ?動かなくなっちゃた!?」

「たった5分の動画の書き出しに4時間!? 結婚式は明日なのに!再生チェックも出来なかった!どうしよう!」

「結婚式場からDVDでもってこいって言われたけどこのパソコン、DVDを入れるところなんてないぞ!?」

などなど、多くの「困った」を実際に見てきました。

 

そこで今回は、初めて動画編集にチャレンジする方にも、経験したことはあるけど正直不安な方にも、

【買替えが必要?動画編集に最適なパソコンの選び方とは】

と題しまして、結婚式の動画編集に最適なパソコンの選び方を、なるべく【分かりやすく】ご説明します。

そのパソコンいつ頃買ったの?

「皆さんがお持ちのパソコンは、購入してから何年くらい立つでしょうか?」

最近ではネット動画見たり、デジカメで撮った写真を保存編集したりと、パソコンでしかできなかった事のほとんどが、スマートフォンで済んでしまうことも多くなりました。

なので、パソコンを購入する動機といえば...

「仕事の資料作成で使うために必要に迫られて・・・」

「ネットゲームがしてみたくて・・・」

「夢はYouTuber!★」

など、昔に比べて購入したい動機も減ったと思います。

 

最近の起きたことなのですが...

「3年前に家電量販店の年末セールで30,000円でノートパソコンを購入したんですけど、そのパソコンでプロフィールムービーを自作できますか?」

と質問されたので、試しに動画編集ソフトの体験版をインストールしてもらいました。

そしてとりあえず30枚程度の写真をざっくり並べてもらって、スライドショーにしてみたのですが、プレビュー画面が紙芝居のように止まる(汗)

まぁ、プレビューが上手くできなくても、ちゃんとムービーとして完成するのなら、無理矢理にでもDVDに書き出しできれば結果的に問題ないと思ったのですが、DVDになるまでにかかった時間がなんと「4時間30分・・・!」

新郎新婦いわく、

「聞いたことのないメーカーだったけど、パソコンがこの先必要になることもあると思うし、安く購入できてなんか得したな☆」

3年前にそんな感じで購入したそうです。

こちらの新郎新婦さんは、ビデオカメラで撮影したオープニングムービーも作りたかったので、このままだとマトモな映像が作れないと感じ、新しいパソコンを購入していました。

これは極端に感じるかと思いますが、実際に起きた話です。

結婚式の用途といえど、動画編集をするためにはその用途に適したパソコンがやっぱり必要なんだと感じられる出来事でした。

スポンサーリンク

スペックで悩むより価格に悩め!

ではパソコンを買い替えたとしたら、どんなものを買ったら良いのか悩みますよね。

家電量販店に立ち寄って、店員さんによくわからないパソコンの話を聞きながら、勧められるままに購入するのも良いのですが、あることを頭に入れておくとパソコン選びがとてもスムーズになります。

それは...

【パソコンは価格で使用用途が分けられている】

そうなんです。

これもよく聞かれるのですが、

「動画編集に適したパソコンのCPUはどれがいいですか?メモリは?GPUは?」

この手の話は、複雑かつとてもキリのないの事が多いのです。

そして価格が高くなればその分性能も上がるので、その時の最高級品を買ってしまえば問題ないのかもしれません。

でもそれではこの時のためだけに、とても勿体ない事になってしまうので、

「使用する目的に合わせた予算を知って、その予算に近いパソコンを選べばいいよ」

と私は伝えてます。

実際の所パソコンは、3年前も今現在も、使用用途に応じた価格はあまり変わっていないのです。

 

では、その事をふまえましてパソコンの用途と価格を簡単にですがまとめてみましたので、是非参考にして下さい。

3~5万円(エントリーモデル)

インターネットやメールができればOK!

Yahooなどニュースサイトを見たりGoogleで調べ物をしたり、Youtubeなどの動画視聴、メールやSNSなどで情報交換したりなど、インターネットを使った用途なら難なくこなします。

ただ動画を見ながら、インターネットで調べ物をしたりと、複数の事を同時にやろうとすると大幅に時間がかかったりするので、過度な期待はしないほうがいいかもしれません。

仕事の用途で購入しても、Officeなどの文章作成ソフトが入っていないので別途用意が必要です。

二次会などで、パソコンからプロジェクターに動画を再生しようとしてもパソコンのパワーが足りずに不安定になったりと、予期せぬトラブルの可能性も捨てきれません。

5~10万円(ベーシックモデル)オススメ☆

写真&動画編集、プライベートで使いたい

この価格から幅広い用途に応じて対応が出来る様になり、パソコン選びの自由度もぐっと増します。

動画編集も、写真でのプロフィールムービー程度ならストレスなく動くので、オススメです。

Officeが入ったモデルを選べたり、DVDの読み書きができるモデルもあるので、簡単な写真編集からハイビジョン動画の視聴など難なくこなせます。

パソコンからプロジェクターに動画を再生するパワーもあるので、価格のわりに出来ることも増えています。

この価格(5~10万円)の範囲でパソコンを選ばれるのをオススメします。

10~15万円(スタンダードモデル)

仕事でバリバリ使うならこの価格

この価格帯は、パソコンを使った動画制作やデザインなど、仕事をする上での最低ラインを満たせるパソコンが出てきます。

ビデオカメラで撮影したハイビジョン動画を編集したり、複数の写真を重ねたコラージュなど、満足いくものを作りたい人ならこの価格を選ばれると、幸せになれます。

大画面かつ薄型なタイプや、拡張性の高いパソコンを選べるので、ベーシックモデルより少し予算がある場合はこちらを選ぶと個人でも仕事でも、困ることはないでしょう。

3Dゲームをするためパワーもあるので、動画編集のために買うんだと言いつつゲーミングPCを購入する方も多いのは、何か意図があるかもしれませんね(笑)

15万円~(ハイエンドモデル)

動画やイラスト、プロを目指します!

ここからは、仕事で使う用途でなければ完全に趣味の領域になります。

プロが使うならこの価格から始まる、そんな世界です。

コスパなんてどこへ行ったのか、この価格帯の話は置いておきましょう。

スポンサーリンク

WindowsとMacのどっちを選ぶべき?

「WindowsとMac、どれも同じパソコンでしょ?何か違うの?」

そう思ったあなた!鋭いです!

実はWindowsとMac、出来る事がとっても似ています。

どちらもインターネットの見え方は同じ、YouTubeもSNSも動画編集だってもちろん出来ます。

ただ何が違うのかと言うと、

【Windowsのパソコンは色々なメーカー独自の構成で売られているので価格見た目も多様...】

【MacはAppleだけが出しているので、パソコンの作りに統一感があり、デザインがオシャレ、でも高い...】

その違いだけです。

Windowsのパソコンが世に一番多いのはその多様と言う理由から広まり、皆さんの身の回りのある機械はWindowsがベースで動いていたりもします。

ですので、特にMacの見た目が気に入ってオシャレ思考にならない限りは、Windowsのパソコンを購入すれば同じ性能なのに約半額で済んでしまいます。

そしてここが1番の問題なのですが、結婚式動画を作るための動画編集ソフトの大半にMac版がないと言うことです。

Macをどうしても購入したい場合は、購入時に付いてくる無料のiMoveか、価格を考えるとワンダーシェアFilmoraくらいしか選択肢がありません。

その点をふまえて、購入時の参考にしてみてください。

どのメーカのパソコンがいいの?

それでは、コスパのいいオススメのパソコンメーカーの紹介をしたいと思います。

オススメ1.マウスコンピューター(mouse)

安心の「国内製造」で最新スペックのパソコンが、抜群のコストパフォーマンスで購入できる国内大手のカスタマイズパソコンメーカーです。

長野県・飯山工場を生産の中心とし、豊かな自然環境の中、飯山生産ならではの「モノづくりのココロ」によって高い品質を実現。

日本国内のコールセンターで24時間365日体制で対応!

マウスコンピューター/G-Tune<直販サイトへ>

オススメ2.ASUS(エイスース)

3万円以下の激安パソコンを発売した、モバイルパソコンの立役者的存在。

ノートパソコン世界出荷台数2位の大企業です。

飾らないデザインが魅力的で、もちろん価格も良心的だと思います。

家電量販店でも見る機会が多いのではないでしょうか?

<直販サイトへ>

オススメ3.HP(ヒューレット・パッカード)

国内シェアNo.1のパソコンメーカーのHP、非常にかっこいいパソコンが多いので所有欲は高いですね。

セールもよく行なっているので、ワンランク上のパソコンがお得に購入できます。

仕事や趣味で持ち出す機会も多いなら、一度検討してみるといいですよ。

HP Directplus オンラインストア<直販サイトへ>

オススメ4.TOSHIBA(東芝)

日本のトップメーカである東芝【dynabook】のノートパソコン

価格も非常に細かく用意をされているので、予算の中からできる限りいい物を選べますね。

Officeソフトなどが使いやすいキーボードなど、細かい部分がやっぱり日本メーカーで安心して使えます。

Dynabook Direct<直販サイトへ>

オススメ5.FUJITSU(富士通)

富士通のFMVは、世界最軽量のノートパソコンを作ったり、使用用途に合わせた豊富なラインナップをそろえています。

割引やクーポンなど、直販サイトではかなりお求めやすい価格になってます。

東芝と同じく日本人のニーズに合わせた、しっかりとしたパソコンの作りになっているので、長く安心して使えますね。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART<直販サイトへ>

動画編集に最適!おすすめベーシックパソコンBest3

マウスコンピューターm-Book X400シリーズ

メモリやSSD等、BTOカスタマイズ注文が可能! 人気・高性能ノートパソコン!
マグネシウム合金採用で、軽量&スリムなボディ
ナローベゼルデザインで13.3型クラスの本体に14型液晶を搭載!! バッテリー約 14.5時間の長時間駆動!
「限定台数1,000台対象モデル」

持ち運びしやすい13型のボディなのに画面は14型の画面が付いているので、すごい見やすいです。
10万円台後半のスペックなのにこの価格は驚きです。

HP Spectre x360 13

最高傑作にふさわしい、美へのこだわり
Spectre(スペクトル)シリーズが追求してきたのは、
最先端のテクノロジーをいち早く取り入れた、パソコンとしての機能美と、
細部の仕上げや全体の質感に至るまで、妥協する事無く丹念に磨き上げられた造形美、その両立にあります。洗練されたフォルム、使うたびに手に馴染んでいく感触、心地よく奏でるサウンドなど、
日々の中で実感できる二つの美の追求が “ Spectre Design ” の原点です。Spectre 史上、最長のバッテリー時間は驚愕の22時間!

※こちらの動画は15インチモデルです

価格も見た目も妥協できないなら、HPのパソコンを選ぶといいと思います。

ゲーミングパソコンかと思うようなルックスで、所有力が高いです。

この見た目と性能が、10万円を切る価格で購入できるのは驚きです。

ASUS VivoBook X512FA

手軽に使える、手軽に持ち運べる。
ASUS VivoBook X512FAは、狭額ベゼルの採用で15.6型とは思えない小型化で、最長約10時間のバッテリー駆動時間を実現しており、使用時に手前に傾くキーボードで快適なタイピングが行え、いろいろな用途に使いやすいスタンダードノートPCです。

画面が大きくてとても見やすいので、動画編集などの長時間作業には優しいですね。

仕事使いも難なくこなせる一台になると思います。

デザインもオシャレで、飾らない感じが魅力です。

DVDドライブはは外付けの物を買おう


実はプロフィールムービーなどを結婚式場に持ち込む場合、DVDビデオにしてから持ち込むのが一般的です。

最近のノートパソコンには薄型や軽量にするために、DVDスロットが付いていない場合がほとんどなので、その時には外付けのDVDドライブを購入してしまいましょう。

挙式を終えた後の写真データなどを、CDやDVDにて受け取ることも多いのと、お子様が生まれた時の写真のバックアップとしても使えるので、後々も使えます。

使うときだけ持ち歩く、そんな感じで大丈夫です。価格も安いですしね。

まとめ

【買替えが必要?動画編集に最適なパソコンの選び方とは】いかがでしたでしょうか?

パソコンは一度買ったら長く使いたいので、自分の目的に合わせてあれこれ考えるのは楽しいですよね。

これから結婚式の動画編集を始められる皆様の力になれていたら幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事