スポンサーリンク

【文例紹介】なしでもOK!?結婚式プロフィールムービーのコメント選び

結婚式のプロフィールムービーを自作する前に、大事なコメント選びについて知っておくと、とっても素敵なムービーになるのでご紹介いたします。

結婚式に参加されるゲストの中には、新郎新婦の生い立ちをあまり知らない方もいますので、二人のエピソードをプロフィールムービーとして見て頂き、今の成長に至るまでを感じ取ってもらいつつ、「この先もよろしくお願いします」と感謝の気持ちを込められると素敵ですね。

スポンサーリンク

コメントを考える前に知っておきたいポイント

プロフィールムービーは、小さい頃から今日までを表現できる最も重要な演出なので、他にはない作り方を重視するよりかは、写真や音楽、そして今回のコメントがとても大切になってきます。

見ればわかる事はなるべく入れない

沢山の自作されたプロフィールムービーを見てきた中で、写真の状況説明だけのコメントで終わらせてしまっている事が、最も気になります。

この最もな原因が「文章を何を入れたら良いか考えるのが大変で、とりあえずこうしてみました」といった方が多く、中々自分を表現するって難しいですよね。

プロフィールムービーコメント

例えば新郎が生まれた時の写真に、「生まれました」や「新郎○○誕生」など、写真を見れば分かる状況や情報を、わざわざコメントとして説明しても、ゲストはそれを読むほどでもないので、コメント自体が無駄になってしまいます。

ここで一つコメントを考える上で大切なのが、プロフィールムービーは、「二人だけのストーリーをゲストに知ってもらい、それに共感し感動してもらう」ということです。

例えば先程の、新郎が生まれた写真のコメントは以下のようにアレンジすると良いと思います。

プロフィールムービーコメント

 

・【オーソドックスな真面目なパターン】

1986年8月7日 元気な男の子が誕生

8月7日のとても暑い中 祐介誕生

 

・【ストーリ性のある感動パターン】

〇〇誕生 名前はおじいちゃんが付けてくれました

母が18時間という難産を乗り越え無事に出産

 

・【楽しく明るくいパターン】

8月7日の花の日に可愛い赤ちゃん誕生!

3200gのビックベイビーで毛もフサフサ(笑)

 

など、大切なのは「どんな状況」という説明的な部分を「どんな状況でこう感じました」といった情報を入れ込むことで、コメントにその時の感情がやどります。

この時のコメント一つで、新郎新婦がゲストに伝えたい自分達のストーリーが決まるので、その場面の想像が膨らませられる、そんな内容にしたいですよね。

忌み言葉は悩むほど気にしない

忌み言葉(いみことば)とは結婚式などの席において、あまり相応しくない意味に感じられるような言葉のことを言いまして、特にスピーチや印刷物・ムービーなど事前に注意をしなくてはならないポイントになってます。

特に結婚式を挙げられる新郎新婦や親しい友人などは、あまり気にされないことも多いのですが、年配の方や職場の上司などさまざまな世代が集まるのが結婚式なので、その方達にも配慮できる言葉選びも大切です。

忌み言葉の代表例
・別れを連想させる言葉
別れる・切れる・去る・終わる・離れる・割る・壊れる・冷める・捨てる・破る・飽きる・放す・枯れる・嫌い・薄い・帰る・離縁・離婚・疎遠・おしまい・浅い・裂ける
・反復を連想させる言葉
戻る・返る・繰り返し・再び・再度・再婚・二度・二回・再三・また・なお・次々・重ね重ね・何度も・皆々様・しばしば・わざわざ
・不幸を連想させる言葉
終わる・死ぬ・逝く・消える・滅ぶ・倒産・倒れる・亡くなる・枯れる・流れる・病気・病む・痛む・敗れる・負ける・忙しい・焦る・仏・葬式・ご生存中・相次ぐ・忌み・萎える・僧・悲しむ・褪せる・弱る・潰れる・とんでもない・最後

ですが、その事を考えながら言葉選びをしていると、何を書いたら良いかわからないし、出来上がったコメントが味気なくなってしまいます。

避けるべき言葉はこの中でも、

別れる、去る、切れる、破れる、割れる、壊れる、死ぬ、亡くす、病気

といった別れや死を直接表現するような言葉を避ければ、大丈夫です。

その他には「ご多忙の中 私達の披露宴に...」といった言葉を良く使いますが、「忙」という漢字は「心を亡くす」という成り立ちがあるため、結婚式の言葉としてはふさわしくないので「おいそがしいところ」といった言い換えが必要です。

忘れる」も「忘」に「」が含まれているため「わすれる」に、「返す」は「かえす」として、ひらがなにしておけば安心ですね。

なにかと入れたがる句読点

忌み言葉の次に気をつけなくてはならないのが、【句読点】になります。

句読点といえば、文章を読みやすくするための大切な記号なのですが、結婚式のムービーにおいては必要のない存在です。

その最もな理由として、句読点が「終止符を打つ」といった終わりのイメージを印象づけるためと、一言程度しかないプロフィールムービーのコメントには、むしろ読みにくいといった部分があるからです。

プロフィールムービーコメント

句読点を使わない場合どうするか

。(句点) → 削除

、(読点) → 代わりにスペースを使用

読点の代わりのスペースも文の意味が伝わるなら、なるべく使わない方が読みやすいです。

プロフィールムービーコメント

プロフィールムービーなどは、コメントの文字数にも限りがあるので、句読点(スペース)を減らすことにより、文字数を少なくできるため、コメントの表現力も高まり自由に書くことができます。

長文はムービーの雰囲気を壊してしまう

写真の状況やその時の気持ちを伝えたいがあまり、全体的に長文になってしまうことがあります。

まずプロフィールムービーの写真を1枚表示する時の時間は、大体7秒から10秒程度なので、その間に読み切れる文字数には限りがあります。

プロフィールムービーコメント

 

プロフィールムービーコメント

大体の目安は10文字〜20文字程度で出来るだけ1行で収め、写真の時間内に声に出して読める様な文字数を心がけて調節した方がいいでしょう。

 

プロフィールムービーコメント

もし1行で収まらない場合は、無理せず2行に変えてしまった方が読みやすいのですが、写真によっては主役がコメントに隠れてしまって、ゲストが見る気も無くなるようなプロフィールムービーになってしまっては、せっかくの苦労も水の泡です。

いくら内容が良くても、ゲストが画面いっぱいに広がるコメントを読むのにはそれなりの気持ちとパワーが必要になるので、プロフィールムービーで長文をしっかりと伝えたい場合には、複数回に分けてあげた方が親切ですね。

セーフマージンて何?

コメントの文字数や見た目がイメージできました所で、この後の映像制作に関わる大事な事を紹介します。

セーフマージン セーフティエリア セーフゾーン セーフティゾーン

セーフマージンは、上記の様に外側の「アクションセーフマージン」と、内側の「タイトルセーフマージン」の2つがあり、このセーフマージンは、テレビの画面上で正しく表示される範囲の目安を表しております。

セーフマージンを無視してテキストなどを配置すると、披露宴会場のプロジェクターに写したときに、端が欠けてしまうことがあります。

そのため、テキストを「タイトルセーフマージン」の内側に収め、なるべく「アクションセーフマージン」を意識した写真の位置などを考え、その内側に顔が収めるようにする必要があります。

コンピューターのモニターと披露宴会場のプロジェクターでは表示のされ方が異なるため、制作段階のうちに実際の披露宴会場で一部が欠けたりしていないか確認しながら進めると安心ですね。

最近のプロジェクターでは、限りなく100%に近い範囲に表示される機種もありますが、もしコメントが「タイトルセーフマージン」に入り切らないようであれば、「アクションセーフマージン」に収まる様に、最低限心がけましょう。

コメントの正しい位置

思いつかなければ無理して入れない

極論かもしれませんが、コメントに悩んだりするなら最初と最後以外無くても大丈夫です。

何も書かなくても写真だけ見れば、その時に関わった全ての人がその時を思い出し懐かしい気持ちになれ、そこに関わらなかったゲストも、自然と自分の人生と対比させて共感が出来るので、コメントを入れないのも選択肢の一つとしてあっても良いと思います。

もしそれでも何か入れないと勿体無いと考えるならば、コメントの部分を両親に対しての感謝の言葉を1行ずつ区切って、入れ込むと、素敵な感謝のプロフィールムービーになるかも知れません。

フォントや装飾が変だとそもそも読めない

最後にプロフィールムービーの製作時に気をつけたい部分が、コメントのフォント(書体)です。

コメントがもし写真の上に表示されるのであれば、文字の色がその写真と似た様な色味だった場合、文字が写真に埋もれてしまって読めなくなってしまいます。

プロフィールムービーコメント

映画を見るときの字幕が一番わかりやすいのですが、全体が白地に黒い縁取りがされている使い方が、一番見易い形となります。

もし文字の色を変更しなくてはならない場合は、全体の白地はそのままで縁の色を変えれば読みやすく、コメントのイメージも変えられるのでお勧めです。

コメントのフォントにつきましては、パソコンで文章を書いたことがあれば【明朝体】【ゴシック体】と言う二つを目にします。

 

プロフィールムービーコメント

 

プロフィールムービーコメント

プロフィールムービーにのコメントとして使う場合には、一番読みやすい【ゴシック体】をお勧めします。

見た目を考えるなら【明朝体】の方がおしゃれな場合がありますが、明朝体】には文字が細いものも多いので、披露宴会場での試写したときに文字が潰れてしまって読みにくいことがあります。

最近の披露宴会場では、ハイビジョン上映など機材も進化しているので、自分達のイメージに合わせたフォントや装飾選びでもハッキリと見えることも多くなりました。事前に会場機材のスペックを把握しておくと良いですね。

 

プロフィールムービーコメント

 

プロフィールムービーコメント

またこの様に、縁取りをボカしてみたり、文字の背景に枠を入れたり(通称:ザブトン)と、ゲストの座る位置からしっかりと読める様な「少し大きいめ」位の文字サイズを心がければ、しっかりと写真も文章も伝わると思います。

年代別の素敵な文例の紹介

生まれた頃のコメント

誕生日の日付はお好みで、家族への言葉などを添えてみましょう!

1986年8月7日 神奈川県で誕生

1986年8月7日 3200gの大きな赤ちゃん誕生

3200グラムのビックベイビー お母さんのありがとう

佐藤家の長男として誕生 お父さん似かも?!

美花という名前は 美しい花という意味をこめて父がつけてくれた

生まれた時は大変小さく たくさん心配をかけました

夜泣きが特にひどく 両親を困らせたようです

18時間の難産で誕生! お父さんの満面の笑み(笑)

ママがいないと泣きわめいて大変な子供でした

お米が大好き 沢山食べてすくすく成長!

小さかった頃のコメント

家族のエピソードなど、その時の気持ちなどを伝えよう!

幼稚園に入園 緊張のせいか顔が怒っている

幼稚園で着る服は 母の手作り

おじいちゃんとおばあちゃんがいつまでも元気でいてね

パパとのお風呂が大好きでした

ママのお弁当には必ずゆで卵が入ってました

待望の弟ができて 僕もお兄ちゃんに!

佐藤兄弟はとっても仲良し兄弟☆

押入れが大好きで良く秘密基地を作りました

母にお化粧をしてもらって ちょっとおめかし!

大切な七五三の写真 千歳飴を買ってもらって嬉しそう

幼稚園の卒業式 少しだけ成長した顔

小学生の頃のコメント

自分と友達とのエピソードをと、感謝の気持ちも伝えよう!

入学式 体よりランドセルが大きい

給食大好き!一番は好きだったのはカレー

運動会ではリレーの選手に 結果は想像にお任せ(笑)

読書が大好きで 本好きはパパのせい?

幼馴染の真奈美とは今でも大切な親友です

北海道へは毎年定番の家族旅行になりました

犬猿の仲?いとこの結城とピース!

泳ぐのが大好 水泳に通わせてもらいました

放課後は公園に集合!ごっこ遊びが大好きでした☆

ママの手料理が大好きで、お手伝いが日課でした

学生の頃のコメント

今でも仲の良いゲストに感謝の気持ちを伝えよう!

中学ではサッカー漬け 充実した学生生活

辛い練習もみんながいたから乗り越えられたよ

ソフトボールで真っ黒な肌に(笑)ギャルじゃないよ!

吹奏楽部に入部 買ってもらったクラリネットは宝物

バンド結成!でもあまり長続きしなかった・・・

修学旅行は京都に 夜といえば枕投げ!?

文化祭ではクラスみんなが一つになったね!

励ましあったゼミ仲間の由美と ずっと友達だよ

バイト仲間とツーリング 勉強よりもバイトに一生懸命(笑)

研究室では恩師と一緒に 今日はありがとうございます!

成人式 お母さん成人式の着物をアレンジしてもらいました

社会人のコメント

披露宴に列席の上司や先輩に、これからの気持ちを込めましょう

◯◯商事に入社 同期との絆は今も尚

入社して間もない頃 暖かく迎えて頂きました

一人暮らしをして 両親のありがたみを実感しました

学生時代の接客のバイトのおかげで 笑顔が自慢!

毎朝お弁当を作って 母の苦労を感じました

同期の隆弘とはプライベートでキャンプにいく仲

中学から始めたサッカーは社会人として今でも

毎月の定番女子会 次はいつにする?

会社の飲み会では おいしいお酒と素敵な同僚が大好きです

お世話になってる職場の皆さま これからもよろしくお願いします

二人の出会いのコメント

二人の出会いについて 複数の写真にコメントがまたぐ使い方でも大丈夫

出会いは高校生の同じクラス その時結婚するとは・・・

初めて会った時 この人と結婚するかもとお互い感じました

二人で沢山遊びに行き

いつの間にか自然とそばにいる関係に

初デートは鎌倉 二人の思い出の地に(笑)

共通の趣味はスノーボード!今年も行こうね

サプライズのプロポーズは観覧車の中☆実は高いところが苦手

緊張の家族顔合わせ 父緊張(笑)

由美の誕生日8月7日に入籍!

これからも私達二人をよろしくお願いいたします

ラストのコメント

ゲストに全体に向けての感謝のメッセージをラストに、これからの決意などで締めるといいでしょう!

笑顔の絶えない家庭を築きます

ケンカをする時もあると思うけど 両親のような素敵な夫婦になりたいです

これからは二人で力を合わせて共に歩んでいきます

今日結婚式を迎えられたのは ここにいる皆さまのおかげです

本日はお越しいただきありがとうございます

まだまだ未熟な二人ですが 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

これからどんなときも二人で乗り越え 温かい家庭を築いていきます

みなさまからいただいた祝福を胸に 必ず幸せになります

まとめ

結婚式プロフィールムービーのコメント選びいかがでしたでしょうか?

コメントはあくまで1番の主役である写真の装飾として、写真がより引き立つような言葉を選ぶと、素敵なプロフィールムービーになると思います。

この記事が皆様のお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事