スポンサーリンク

今回ご紹介させて頂く動画編集ソフトは、私が最近お気に入りなWondershareの【Filmora(フィモーラ)】と言うソフトになります。結婚式の映像制作に必要な機能はもちろんの事、初心者にもわかりやすいソフトになっておりますので是非ご覧ください。

Wondershare Filmora

サイトURL:Wondershare Filmora

AMAZON

 

Weddingテンプレートの紹介動画でしたが、映像の完成されたイメージが伝わると思います。

2018年現在の初心者向け動画編集ソフトとしては【おしゃれ・高機能・わかりやすい】を両立した非常に良いソフトです。

Filmora(フィモーラ)につきましては、詳しい操作方法など、また改めて詳しく書きたいと思いますが、ここから先はエンドロールの制作に、どのような手順が必要なのか、書きたいと思います。

スポンサーリンク

Filmoraでエンドロールを作ってみよう

エンドロールの作るためのポイントは、別の記事を作りましたのでご覧ください。

Filmoraの画面説明

Filmora
①メディアライブラリー:写真や音楽を取り込んだり、エフェクトを選んだりする項目まずはここから
②タイムライン:画面の左から右へ時間が進む、赤いバーが映像の時間軸のを表し、写真や音楽の長さもここで調節する
③プレビューウインドウ:実際のムービーの動きが見える場所、②をいじりながら③で確認をする
④調整ツール:写真の時間や、動画のカットなどより細かい調節が必要な時に、確認する場所
⑤動画作成ボタン:ムービーが出来上がったら、こちらのボタンからDVDにしたり、スマートフォンで見るためのムービーに書き出す。

エンドロールの写真と音楽を取り込む

①フォルダー作成:写真を取り込む前に、専用フォルダーを作っておいた方が、後の管理がしやすいので作っておく

②フォルダー名:素材別にフォルダー分けをしておくと、こちらも後の管理がしやすいくなる

③取り込み:③の場所をクリックすると、別のウィンドウが出てくるのでそこから、希望の写真素材を選択し取り込む

こちらが、別ウィンドウ、選択出来たらロードボタンで取り込む

①取り込んだ後、こちらに写真が並ぶので、必要な素材の一覧が出来上がる

②タイムラインに①から写真をドラッグして持っていく、事前に①の全体をドラッグしてから持っていくと、まとめてタイムラインに並べることも出来る

③タイムラインに並べる時に、写真の上にある【+ボタン】からでもタイムラインに入れ込むことが出来る

この手順で音楽も、写真と同じように取り込みボタンから一度、メディアライブラリーに移し、そこからタイムラインに持っていけば、音声素材として使う事が出来る

ゲストの名前を入力する

①メディアライブラリーの上から三番目【T】の項目から【エンディング】を選び、その中から自分が気に入った名前の動きを確認して、タイムラインに入れる(もしくはドラッグ)

②タイムライン上のテキストバーをダブルクリックすると、名前を入れ込んだり色や位置を変えられる、別のウィンドウが出てくるのでそこで調節をする

③完成をプレビュー画面で確認できたら【OK】ボタンを押す

こちらの動画にも、タイトルの入れ方の説明が出ておりますので、ご覧ください。

再生してみてタイミングを調整をする

名前の入力が終わったら、写真のタイミングを調整したいので、タイムライン上の写真の恥をクリックしながら左右に移動すると、写真の長さを変更できるので、そこで微調節をする

DVDに書き出す

最後に、作成ボタンからムービーとして書き出しをする
Filmoraは多様なメディアに対応しているのと、標準でDVDへのオーサリングもできるので、結婚式場の持ち込みの形式に合わせて作成をする。

まとめ

Filmoraで作る結婚式エンドロールムービーはいかがでしたでしょうか?

Filmoraには見た目をおしゃれにするフィルターやトランジションが豊富なので、作るのが楽しいですね。

エンドロールの作成でソフトになれましたら、他のムービーを作ってみても良いですね。

こちらの記事が皆様の力になれましたら幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事