スポンサーリンク

これから結婚式の準備をされる新郎新婦様も、披露宴の音楽に合わせてプロフィールムービーなどの映像にもBGMを考えなくてはならないため、お悩みの方もいらっしゃると思います。

最近の結婚式の演出の中で、プロフィールムービーは欠かせないものとなりました。選んだ曲はそのままお二人のイメージとして結びつくので、じっくりとこだわりながら選曲すると良いでしょう。

このページでは、主にプロフィールムービーの曲選びにスポットを当てまして、構成の考え方からお勧めの曲までご紹介したいと思います。お二人のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

1結婚式のプロフィールムービーの曲を選ぶ前に

1.手持ちの写真の枚数で曲の長さを決める

まず曲の長さですが、プロフィールムービーで使用されている流行曲は4分~5分程度と少し長い曲が多いので、準備している写真の枚数が少ない場合は1枚に対する表示時間が長くなる為、3分~4分程度の曲を考える場合もあります。

例えば曲が5分だった場合、【5分×60秒=300秒】となるので、映像の始まりのタイトルや終わりのコメントで20秒程度かかるとしても、280秒間の写真枚数が必要となります。

1枚の写真あたり映像を初めて見る方が、きちんと写真を認識できる時間は、コメントを載せた場合でも7秒~9秒程度の時間がかかります。

写真の表示時間が短いほうが、沢山ムービーに入れ込むことが出来るのでついつい欲張ってしまいますが、列席の皆さまが写真を見てコメントを読み、隣どうしで語り合える時間が欲しいですね。なので少し余分に時間をとらないと感情移入する間もなくムービーが終わってしまいます。

そうしますと、【280秒÷7秒=40枚】程度の写真が必要になります。

お二人が事前に用意できる写真の枚数に応じて、曲を選ぶ際に曲の長さも考慮すると良いでしょう。

次に曲の構成についてですが、一般的な邦楽などでは、

イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→サビ→アウトロ】の様な構成が多いかと思います。

ぱっと見なにかの呪文の様ですが、簡単に言えば曲は1番と2番があって最後はサビで盛り上がるよねって事です。

例えばプロフィールムービーで定番な曲 Mr.Children「365日」では曲の長さが5分30秒程あります。

そこから曲の構成を見ますと、

曲の始まり20秒 1番 1分50秒 2番 1分40秒 大サビ 1分20秒 大サビ明けから終わりまで20秒】となります。

ここからさらに、先程の1枚あたり7秒の表示時間を考慮すると、新郎新婦共に必要な写真は15枚ずつ、二人の写真は10枚と先ほどの曲の長さと枚数の関係がぴったりと合いますね。

実際は曲の始まりにも写真を使うと思うので、45枚程度準備すると良いかと思います。

2.曲のイメージや曲数を考える

映像にのせる曲の効果には、「イメージ誘導」「感情誘導」という効果もあり、映像制作には非常に重要なポイントになってきます。
曲を選ぶ際には、相手に「どのようなイメージを持たせたいのか」「何を伝えたいのか」をきちんと考えた上で、選ぶべきだと思います。

アップテンポの曲は相手に明るいイメージを与えるので、幼少期~成人までの間と広く使えます。

逆にスローテンポな曲は、お二人が出会ってから今日に至るまでを感動的に伝えることが出来るでしょう。

ただ実際には大好きな曲がお互いにあると思うので、最近ではプロフィール映像の曲数も増加しております。

2曲構成でフルに使った場合、10分程度の映像になってしまうので映像を見る列席の方は長く感じてしまい、せっかくの感動的シーンが台無しになるかもしれません。

実際には曲の切のいいところで5分~6分程度で切り上げて編集すればいいのですが、3曲構成などでイメージがバラバラになってしまうと、感情移入が出来ないまま映像が終わってしまうことが多いです。

3曲構成

新郎選曲1番 新婦選曲1番 二人選曲1番】の様な場合は、感動的な二人の出会いの場面で曲が盛り上がる前にフェードアウトとなります。

新郎選曲1番 新婦選曲1番 二人選曲大サビ】こちらも、新婦の写真が終わったらいきなり別曲のサビが来るのもチグハグ感がありますね。

曲の長さもばらばらなので、写真の枚数がどちらかにかたよったり表示時間にばらつきが出たりと、映像制作の難易度が上がってしまうのでまずは1曲構成で制作することをおすすめします。

それと合わせて、列席者の大半が知らない曲を選んでしまうと、そもそも感情移入がしにくいので合わせて考えたほうが良いです。

3.邦楽 or 洋楽?

邦楽か?洋楽か?は基本的に自由化と考えますが注意点も少しあります。

邦楽は歌詞が頭の中に自然と入るので、歌詞のイメージと写真にギャップがあると違和感が出てしまい、感動も薄れてしまう可能性があります。

洋楽は歌詞の意味が伝わりにくいので、曲のイメージ先行で選ばれるかと思いますが、安易に選ぶと実は別れの曲を使っていたなんてこともあるので、歌詞にも気を配ったほうが良いかもしれません。

英語が達者な列席の友達が、曲を聞いて固まっていたなんてことが実際にあります(笑)

歌詞のない、インストゥルメンタル曲は雰囲気重視で選べば映像に集中しつつ、感情誘導にも使いやすいのでおすすめです。

2結婚式のプロフィールムービーにおすすめの曲 2018

ここでは、私が映像制作の依頼を受けた中から特に多かった楽曲を中心にリスト化しました。

先輩新郎新婦も使ってる 邦楽のおすすめ曲

こちらの邦楽のおすすめ曲は、ISUMで管理されている楽曲が中心となっております。
1. にじいろ / 絢香
2. ありがとう / 大橋卓弥
3. ハピネス / AI
4. 出会いのかけら / ケツメイシ
5. Wherever you are / ONE OK ROCK
6. 恋 / 星野源
7. 花束 / back number
8. 家族になろうよ / 福山雅治
9. ひまわりの約束 / 秦基博
10. 笑顔 / いきものがかり

先輩新郎新婦も使ってる 洋楽のおすすめ曲

1. Bruno Mars / Just The Way You Are
2. Maroon 5 / Sugar
3. Owl City & Carly Rae Jepsen / Good Time
4. Blue / The Gift
5. Ed Sheeran / Thinking Out Loud

Wedding Movie Legendary管理人おすすめ曲

1.Mr.Children / 365日
2.Che’Nelle / Happiness
3.ありがとう / 大橋卓弥
4.花束 / back number
5.純白の花嫁 / 逗子三兄弟

3プロフィールムービーのプロの映像を参考にしてみよう

こちらでは、映像制作の参考にするために有名なWedding映像制作会社を紹介いたします。

リンク先のサイトには沢山の動画がありますので、選曲や写真の選定に付きましても参考になるかと思います。

ファビオウェディングムービー

favio

https://favio.jp/

出典元:ファビオウェディングムービー

非常にオシャレでクオリティーもスゴく良いですよね。

持ち込みの新郎新婦様もよく見かけるので、人気なのがうかがえます。

chouchou(シュシュ)

chou-chou

https://chou-chou.tv/

出典元:chouchou(シュシュ)

こちらも非常に手間がかかっていて素敵ですよね。

自作では難しいクオリティですが参考になる部分も多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?

新郎新婦の生い立ちを列席の皆様に紹介できる一番良い方法なので、是非素敵なムービーを作ってください。

プロフィールムービーの音楽選びはとても奥が深いので、すべてを書ききれたわけではないのですが、少しずつ皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事