スポンサーリンク

結婚式用の映像を作るのはいいけどそれって著作権を守ってる?

著作権の中でも音楽についての権利、映像についての権利とそこから細かく分けると無数にあり、一つ一つ確認してくとそれだけで日が暮れてしまいます。

ですので、どこを守れば思い通りな映像を作れるのか、そこを簡単に書きたいと思います。

まずは音楽ですが、

式場という公共の場で、許可なくDVDやCDの音楽を流す(演奏する)という行為になるので、演奏権という権利を侵害する事となります。

そして、CDやインターネットから音楽をDVDにコピーする(複製する)という行為にもなるので、複製権という権利を侵害する事になります。

この中で、演奏権については式場側が管理をする部分ですので、制作者はあまり気にする必要はありません。

式場がCDの原盤と、映像を一緒に再生する対応が可能であれば、音楽については自由に選べると思って大丈夫だと思います。

でも、再生するタイミングがシビアで映像との同期が取れないと困るような場合は、DVDに音声を入れ込まなくてはなりません。

そうすると次に立ちはだかるのは複製権です。

複製権については、著作者とレコード会社双方に許可をもらうハードルが非常に高くお勧めしません。

ですが、諦めてはいけません!可能な条件はあります!

 

ここでふと疑問が湧きます。

じゃあ映像制作会社はどうやってるの?って感じた方は鋭いです。

 

実は制作会社は、ISUM[アイサム]と言う組織に楽曲の申請を出し、そこかが権利者との橋渡しをし、楽曲の利用が可能になるという手順を踏んでます。

ですので巷の制作会社は、音声を入れた状態で映像の販売が可能となっております。

少し問題があるとすれば、こちらは個人の申請を受け付けてないのと、申請できる楽曲が限られている(新たな楽曲の申請も時間がかかるが可能)点があります。別途手数料もかかります。

なのでこれを利用しましょう。

 

式場にもよりますが、提携の映像制作会社がISUMへの申請を代行してくれる可能性もあり、担当プランナーに確認してみてください。

式場がダメならフリーの映像制作会社でも代行してくれる場合もあります。

お金はかかりますが、映像のクオリティーを考えれば悩ましいほど高額ではないので、考えてみる価値はありますね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事