スポンサーリンク

結婚式は大切な時間を共有する場、感動は作りおきではなく自然と生まれてくる

引き続き、映像の制作前に頭の片隅に入れとくべきポイントを書きたいと思います。

さて前回は、やたら余興や映像ばかりな披露宴って良いのかな?という事を書きましたが、今回は実際の場面を交えた内容の記事となります。ゲストを楽しませるにはどうしたら良いんでしょうか?

先に結論を...

結婚式はショーでなく、新しい家族のコミュニティーを形成する場

少しピンとこない感じもしますが、結婚式のイメージは「華やか・幸せ・感動的」な、イメージが先行すると思いますが、残念ながらどんなに一生懸命新郎新婦さんが準備をしても、受け手側であるゲストの質次第で状況は一変するのです。

参加されるゲストは老若男女、数多くの結婚式に参加されている方、今回が初めての方、付き合いで来ている方、リアクションも好みもバラバラ、忙しい中を時間を割いていらっしゃいます。

ですので、ゲストが何を求めて出席されているか、 両親がお二人に何を感じているのか、考えてから準備を進めるべきだと思います。見出しで結婚式はショーではないと書きましたが、ゲストを思う方向を間違えると絶対にそのリターンは帰って来ません。

偏ったパターンですが郎新新婦が、

熱狂的な〇〇のファン!自分達が大好きだから、このお披露目の機会に取り入れて、自分達の色を出そう!自分達が好きな物だからみんなも絶対に楽しんでくれる!

 

この披露宴、〇〇を知ってもらう宴会なのでしょう。ごく一部のファンの友人が騒いでいましたが、大半のゲストは訳もわからない状況で、黙々と料理を口にしており、会話なんてありません。その姿を見て親は何を思うのでしょうか...

披露宴は、新郎新婦を披露する場であることは間違いのない事です。ですが、大事なのはこの先の新郎新婦の未来も考えるべきではないでしょうか?披露宴が終われば人生が終わるわけではありませんし、また普通の日常が始まります。

この結婚式というのは、自分が大切と感じる人たちが一堂に出会うポイントなのです。 お互いの親戚・友人・会社も含めて新しいコミュニティーが形成される絶好の機会を、自分達で潰す為に準備を進めているわけではないと思います。

今、一生懸命準備をしているそこのお二人、 結婚式当日ゲストのみんなが楽しんでくれるか不安に感じることはありませんか?友達の結婚式はすごく良かった!私達はもっと頑張らなきゃ!って自分を追い込んでいませんか?でも他に大事なことを見落としていませんか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事