スポンサーリンク

ゲストに喜ばれる結婚式にする為に絶対にやってはいけない事とは

こちらのサイトは、新郎新婦さんが初めて結婚式のムービーを制作される際に、何かお手伝いができる事がないかと思い立ち上げました。

私は結婚式の映像制作とカメラマンを仕事としておりますので、色々な結婚式を見る機会があります。

その中で、最近の披露宴について感じる事を少し書かせて頂きました。

これから結婚式の準備をされている皆様の、心の片隅に残れれば幸いです。

結婚式は誰かのショーではない

最近の結婚式と披露宴は年々二極化が進んでまして、それは、低予算ですませたい「ナシ婚」と、人をいっぱい呼ん盛大に行いたい「ハデ婚」の二つとなります。どちらが良いとか悪いとかいう話ではなく、そのどちらの目的も、新しい新婚の二人をお祝いするパーティーを親しい人達、皆んなでしようという事だと思います。

結婚式のイメージは「華やか・幸せ・感動的」な、イメージがあると思うので、列席のゲストの方はどんな結婚式に招待されるのだろうと、期待に胸を膨らませて来られます。

ですが、結婚式&披露宴の主催者である新郎新婦さんがこの結婚式に対して、誤った考えで準備を進めてしまうと、とんでもない事になり兼ねないので注意が必要です。

偏ったパターンですが郎新新婦が、

「熱狂的な〇〇のファン!自分達が大好きだから、このお披露目の機会に取り入れて、自分達の色を出そう!ライブショーみたいな演出ができれば、自分達が好きな物だし、みんなも絶対に楽しんでくれる!」

この披露宴、「〇〇を知ってもらう会」なのでしょう。

ごく一部のファンの友人が騒いでいましたが、ゲストの大半は訳もわからない状況で、黙々と料理を口にしており、うるさくて会話なんてありません。

その姿を見てご両親は何を思うのでしょうか...

 

残念ながらどんなに一生懸命に新郎新婦さんが準備をしても、受け手側であるゲストにちゃんと感じてもらえるような披露宴にする事ができなければ、わざわざ貴重な時間とお金を消費してまで、行う必要はないと思います。

参加されるゲストは「老若男女、数多くの結婚式に参加されている方、今回が初めての方、付き合いで来ている方」リアクションも好みもバラバラ、忙しい中を時間を割いていらっしゃいます。

ですので、ゲストが何を求めて出席されているか、 自分達は両親に何を伝えたいのかを考えてから準備を進めるべきだと思います。

一番初めに「結婚式は誰かのショーではない」と書きましたが、ゲストを思う方向を間違えると、絶対にそのリターンは帰って来ません。

 

これは私の考えですが、「結婚式は大切な時間を列席者全員で共有する場、感動は狙って作る物ではない」と思います。

列席のゲストとの一度きりのこの時間を、大切にしたいですよね。

スポンサーリンク

結婚式は新しい家族を作る為の場所

結婚式は、「新郎新婦を披露する場所」であることは間違いのない事です。

ですが、大事なのはこの先の、「新郎新婦の未来」も一緒に考えるべきではないでしょうか?

披露宴が終われば人生が終わるわけではありません、また普通の日常が始まります。そこからがスタートなのです。

 

結婚式というのは自分が大切と感じる人たちが一堂に出会うポイントなので、お互いの親戚・友人・会社も含めて「新しいコミュニティーが形成される絶好の機会」と言うことを忘れてはいけません。

新郎新婦さんは自分達で、その大切な時間を潰す為に準備を進めているわけでもないと思います。

そうであるなら、結婚式は「新しい家族を作る為の場所」とも考えられるでしょう。

 

今、一生懸命準備をしているそこのお二方、 結婚式当日ゲストのみんなが楽しんでくれるか不安に感じることはありませんか?

友達の結婚式はすごく良かった!私達はもっと頑張らなきゃ!って自分を追い込んでいませんか?

でも他にもっと大事なことを見落としていませんか?

スポンサーリンク

まとめ

「ゲストに喜ばれる結婚式にする為に、絶対やってはいけない事」はいかがでしたでしょうか?

この結婚式というのは、最初で最後の人生の一大イベントなので、その時間を一緒に共有できる結婚式場スタッフも最大限に新郎新婦さんの夢を叶えたいと、努力しております。

ですが、それを何でも聞き入れてしまうために、結果的には二人の為にはなっていなかったりと、もどかしい事も多いのです。

結婚式という形が、新郎新婦とゲストの皆様にとって、いつまでもハッピーな時間でいられると良いなと思っております。

この記事が、少しでも皆様の力になれれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事