スポンサーリンク

結婚式ムービーは二つか三つ?悲しい結末に新婦が涙した訳とは

スポンサーリンク

結婚式ムービーの自作をする前に

ここ数年で披露宴の中の演出として、ムービーを使った内容が増えています。
披露宴は、大体2時間半位の進行時間が一般的なので、その中で映像の上映を済まさなくてはなりません。
ムービーの中で一番多いのが、プロフィールムービー、その次にエンドロール、オープニングと続き、パソコンの映像編集ソフトやスマートフォンの進化により、誰でも手軽に作れるようになりました。
披露宴の中では、その映像を上映をするタイミングというのは、何ポイントかあり、そのポイントの数だけムービーを自分達で用意をしなきゃいけないと、準備に追われるカップルもよく目にします。
映像を自作される新郎新婦さんとお話しすると、

「自分で作ればお金もかからないし、時間もあるから」
「スマートフォンで簡単に作れるから」
「知り合いに得意な人がいるから、頼めばやってくれそうだし」

などなど、このような声を多く耳にします。

やはりムービーを簡単に作れるようになったので、とりあえずチャレンジしてみようと考えている方が多い様ですね。

ですが、実際こういった動機で準備をする場合、後々大きな問題が出てきます。

それは...

結婚式ムービーの多発問題

多発といっても多くて1〜3個ぐらいじゃないの?って思われますが、最近では4〜7個とか後から判明する事があります。
この数が増える要因がゲストからの余興とサプライズです。
ゲストが新郎新婦さんの事を思って考えた、大変素晴らしいイベントなのですが、披露宴というのは時間が決められていて、この状況が進行を非常に圧迫します。
しかも、サプライズという性質上、結婚式の会場側は新郎新婦に相談しにくい場合が多く、断れない状況を目にします。

私が経験した例:
(3分)オープニングムービー
(10分)中座中 生い立ちムービー
(5分)余興 新郎側ムービー(余興内容は二人にサプライズ)
(5分)余興 新婦側ムービー(余興内容は二人にサプライズ)
(10分)余興 新郎から新婦へのサプライズムービー
(10分)新婦から両親への手紙ムービー
(5分)撮って出しエンドロールムービー
計48分

私は披露宴のカメラマンとして入ることがありますので、上映中のゲストの空気感をよく感じる事ができます。
そのゲストが集中して映像をみていられる時間は、大体4〜5分程度と1曲の長さが限度で、それを越えるとムービーを見る意識が薄れ、会場がざわつき始めトイレなどに席を立つ方も出てきます。
経験した例にも上げましたが、ゲストが何事もなく映像を見ていたのは、新郎側の余興ムービーまででして、新婦側の余興ムービーが始まると「またムービーかよ(笑)」とか、何処からか声が聞こえてきます。
そうなってしまうと、新郎が一生懸命に制作したサプライズムービーでは、ゲストの反応も疲れが見えてきていて、ただただ沈黙する時間が続きました。
しかもそれが終わってもまだお手紙ムービーや、お金のかかる撮って出しのエンドロールムービーが続きます。
結果的に、新郎新婦がゲストと触れ合える時間は、乾杯後の歓談(10分程度)と、披露宴が終わった後のゲストの送賓時なんていう状況が、生まれてしまいました。
披露宴に参加したゲストの方々は、おめでとうの一言も満足に言えず、真っ暗な中よく見えない婚礼料理を黙々と召し上る...
映像も楽しかったのは初めの数分だけ...。
この様になってしまった披露宴は、誰が何の為にあるんでしょうか?

余興にビデオメッセージは必要?

結婚式の日を迎えるまで、新郎新婦さんはものすごい時間と労力をかけて、一年も前から準備をされています。
言い換えますと2時間半という時間を皆さんと共有するために、一年もかけて準備をされています。
余興で上映されるムービーの多くは【思い出系【ビデオメッセージ系】の、どちらか二つになります。
【思い出系】でしたら学生時代の楽しかった思い出や、その時代の新郎新婦さんの姿を皆様に紹介する機会でもあるので、意義のあることと思います。
【ビデオメッセージ系】は、残念ながら結婚式に出席ができなかった方などから、メッセージをサプライズ的に頂く様なムービーが多いです。
この【ビデオメッセージ系】ムービーには注意が必要で、メッセージを多く貰いすぎると一個一個のメッセージの時間が短くなってしまい「○○○ちゃんおめでとー!幸せになってねー!」の連発を、ただBGMに乗せて上映をするという内容が薄い映像になってしまいます。
新郎新婦さんはその場では喜んでいるとは思いますが、それ以外のゲストからしてみれば、その映像に出演している人は一体誰なのか興味がないので、映像には見向きもしないで、おしゃべりしていたりします。
ですので、結婚式のムービーを作るのであれば、新郎新婦だけではなく出席しているゲストのことも考えて制作した方が、絶対に良いムービーが出来上がるはずです。
新郎新婦様も、自分たちがいくら打ち合わせをしていて全体を把握していても、披露宴当日になってから分かる事が出てきます。
披露宴の時間に余裕を持たせておかないと、口に出しては言えないけど、本当はもっとみんなと触れ合いたかったと後で後悔する事となります。
披露宴の時間は永遠に続くわけではなく、ゲストの貴重な時間を使ってその時がある
そこを一番に考え、ゲストをおもてなししつつ、自分たちの事をもっと知ってもらおうと準備するべきだと思います。
余興をお願いしようかと考えている新郎新婦さんは、ゲストと触れ合える時間をきちんと作った上で、それでもまだ時間が余る様であれば誰かに余興を頼む心構えでいると良いでしょう。

まとめ

悩ましい映像多発問題はいかがでしたでしょうか?

結婚式のムービーが誰でも作りやすくなった分、披露する機会も増えました。

ですが、それが披露宴のあるべき形を壊してしまうこともあるので、一人一人が責任を持って準備をするべきだと思います。

ゲストの皆様から「今日は会えてよかった!」「本当に良い式だった!」と感じてもらえるような、素敵な披露宴作りをできると良いですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事